FrontPage 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

舞い降りた天使 オープニングカットシーン

第四話(最終話)オープニングカットシーン

場所:ある夜

♪ ビホルダーの洞窟

$草木も眠る丑三つ時にその儀式は始まった
$巨大な目玉の悪魔 Vucub Caquix は自らが神をも凌ぐ力を手に入れることの喜びに震えていた。
$科学者 Tlaltecuhtli の生み出したこの器と最凶の悪魔である Vucub Caquix が融合し一つになることにより最悪の悪魔であり、最高の神が誕生するはずであった。

"さあ、ヴラブ=カキシュ様!
"とうとうこの時がきました!
"わたしの最高傑作であるこの"器"にあなた様が入ることにより、神をも凌ぐ力を手に入れることができます!
"この器にはこの世のあらゆる邪悪を抽出し凝縮した"石(意思)"が埋め込まれています
"そこにヴラブ=カキシュ様の力を加えることによって!!

$悪魔科学者が詠唱を始めた。次第に強く大きくなっていくその調べが最高潮に達したときに、悪魔に向け巨大な稲妻が落ちた
$轟音が鳴り響き、あたりは閃光がほとばしる
$轟音が収まったあとには悪魔の姿はなく、大きな目玉が転がっていた。

"そしてこれを"器"の中に・・・!

$悪魔科学者は目玉を拾い上げ、"器"の額に一気に押し込んだ
$しばらくの静寂の後、"魔神"の額の目が開かれた。

#おおおおおぉぉぉおおお
#湧き上がるこの力はぁぁ!!
#今までの自分の力がまるでちっぽけな虫けらのようだ!
#うははは! これは神をも凌ぐ力となるだろう!
#現世に実体を置きながらもこの力!! まさしく神々を凌ぐ力!!

#そして既に用済みとなったお前はここで死ね

$魔人の剣が一閃し、悪魔科学者は一瞬のうちに絶命した

#うはははは!
#これで我を妨げるものはない!
#うははははははは!!!